裸婦像#2




ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数かけますm(_ _)mランキングに参加させて頂きますよろしかったら応援お願いします



ヌードとの距離感



00003.jpg



ヌードを撮りたいと言う人がいて
時々”撮られたい”若しくは”撮られても良い”と思う人がいる
ところがその思惑の間には深くて暗い闇がある

下心だったり不審感だったり個人情報だったり
それでも一定数はいるわけで
求め行動を続けることが実現する唯一の方法です

まずはちゃんとした撮影会などで
心構えを持つことですよ
それとどんな写真を撮りたいか?

それはどこで撮るのかとか
撮った写真はただ裸の女性が
狭いスタジオでポーズを取っていれば良いのか?
など自問することは沢山あります

話は変わりますが
世の中にはプライベートではヌードを撮る人が多いのだなぁと
10年以上前にネット上で欄検眼段と言うウィルスにPCが侵された人が
秘蔵の写真が世間にばらまかれるという事件が続きました
写真だけでなくドキュメントの情報も含めて流出してたので
名前や家族構成含めて日常がすべてさらされる

却って知らないほうが幸せに暮らせるかもしれません
少なくとも私が求めるのはそういうどろどろストレートな欲望を記録することではないけど
ポートレイトにしてもヌードにしてもただ誰が撮っても
同じ様に撮れる環境で撮るのは意味がない

それってどんな被写体でもそうですね
関連記事
スポンサーサイト



plateau
Posted byplateau

Comments 0

There are no comments yet.