with CORONA で行こう


FC2ランキング    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村ランキング   

お手数かけますm(_ _)mランキングに参加させて頂きますよろしかったら応援お願いします
*スマホやタブレットでバナーが押せない時はテキストをタッチして見てくださいm(_ _)m
 

とうとう父が被弾・・


012275.jpg

Apple iPhone 14 Pro ƒ/1.8 1/171s



さてと近況の独り言

昨日父が夜になっ明らかに体調がおかしくなり
救急車をお願いしました
この日は救急要請が多すぎで手配できると連絡があるまで40分待ち
そこから救急隊が到着すると
不整脈に発熱に血圧上昇さらに血中酸素飽和度の著しい低下
救急車に乗ってから病院の受け入れが決まるまで車内で30分
病院で検査が始まるまで30分

私の棲む街は医療過疎の街
コロナがなくても心筋梗塞や面倒な病気はたらい回しで
搬送待ちで死ぬこともあるだろう
もともと運なのだ

結果はCORONA陽性で重い肺炎を起こしているらしい
受け入れた病院は総合病院でCORONAの受け入れもしているが
重傷者は無理なので転院とのこと
そこから更に狭い陰圧室で咳き込む父と二人で4時間待機

こりゃぁこの部屋に入るまで運良く感染回避してたとしても
この状況で部屋に缶詰ってことは
中国の初期の対応と大して変わんない

「お前は既にゾンビかもしれないからとりあえずゾンビと一緒に隔離ね」

ってことだよね

実は風邪で死ぬこともあるにせよ
客観的に考えてCORONAは風邪程度だと思っているので
そのことはまぁいいんだけど
感染症対策としてどうなのよってね

私の家族は誰一人ワクチンを打っていない
後悔はないし父が肺炎で苦しんでいてもそれは変わらない
88歳の認知症でパーキンソンの父に
ただでさえ薬まみれな身体をやっと維持しているのに
未だ病気になっていないリスクに対して
発熱やその他のリスクを無視してあえてワクチンを打つ理由が見つからない

ちなみにワクチンを打っていないのは父以外はずべて自分の判断で
私は家族に強権発動していないよ

これまで父はデイサービスで2度の濃厚接触
4度のデイサービスからの施設内通所者の感染連絡があったが
おそらくそのルートだろう

それでも生活を回していく上で
デイサービスは外せない選択だった
そして被弾した


ただね

当初脱水症状が数日前から見られたので
水分補給をして食欲もあったので
回復しそうだなと様子を見ていたんです
転院した病院で詳しく調べたら肺炎は検査の結果から
”誤嚥”の原因で肺炎になった可能性が高いとのこと
コロナは陽性だがあわせ技で今の症状となっていて
コロナが原因の肺炎ではないと考えられるとね

この記事は日曜日に書いていて
明日PCR検査の予約が取れたので行ってきます
今の所体調に変化はないけど
深夜3時まで病院だったのでちょっとだるい
普段は9時半には眠ってしまうので辛かった

コロナは既に恐れる病気ではない
恐れるのはこれを利用する人間が医療リソースの圧迫を加速させるってこと
現場の医療スタッフには誠実に対応していただき感謝の気持ちしか無い
しかしその先には銭勘定に躍起となる闇のボスが居る

社会はそういう黒と白と灰色のカオスで出来てるんだ

ずっと父に寄り添い声をかけ
少しでも楽になるように祈っていた
今思えば死線をさまよう旅の途上の父と最後に過ごした時間になるかもしれぬ
それはコロナがあってもなくても変わらない

延命処置は望みません
父が苦しまずに済むように治療をお願いします

私はこの言葉を口にするのが怖かった
母のときもはっきりと告げた
それは明確な母の意志があったから
父は臆病な人だ
痛いのも怖いのも嫌いなのだ
せめて最後は言葉をかわして手を握ってあげたい

人は自由に生きることよりも
幸福のうちに人生を終えることの方が難しい

認知できる自分を維持して無事に
そして穏やかに人生を終えることのなんと難しいことか








012276.jpg






いつもご覧いただきありがとうございます



関連記事
スポンサーサイト



plateau
Posted byplateau

Comments 0

There are no comments yet.